キューバ二重通貨制、外国人が使うCUCクックと、自国通貨CUP

キューバ旅行記

キューバは、二重通貨制を取っています。

外国人や観光客が使うCUC(クック)と、自国民が使うCUP(ペソクーバノORモネダとも言う)があります。

「どこで」、「どちらの通貨で」支払いができるのか、体験談を紹介します。

そもそも、なぜ、二重通貨?

社会主義と資本主義

社会主義国のキューバでは、自国民が生活しやすいように、食料品などが安価に提供されます。

お金持ちの外国人観光客には、沢山払わせようという考えのようです。

CUC(クック)は、CUP(ペソクーバノ)の25倍

それにしても、外国人用の通貨が自国通貨の25倍とは、驚きです。

クックのみの利用だと、物価の感覚は、日本と同じくらいです。

クックのみを利用していた、ヨーロッパ系観光客も、同様だと言っていました。

海外旅行保険は必要! 海外旅行中の不慮の怪我や病気に備えて
航空券や海外旅行を申し込む際に、海外旅行保険の加入を勧めれらますが、本当に必要? ずばり、必要です! ですが、不慮の事故にあう確率はかなり低いので、高い保険料を払うより、海外旅行付帯保険付きのクレジットカードを持ちましょう。 ...

両替と支払い方法

空港での両替・入国

ハバナの国際空港では、日本円から、CUC(クック)への両替が可能です。

クックのレートはUSドルと同じくらいです。

夜間の到着の際は、空港ロビーを出たところに、両替所があるので、必要な分を両替しましょう。

(CUPには両替できません。)

空港での両替・出国

出国の際、CUC(クック)が余ったら、USドルに両替できます。

USドルはレートが悪いため、ユーロかメキシコペソを希望しましたが、USドルのみと言われました。

空港のお店は、高いので、余ったCUCは、使い切ってから、空港に行くことをお勧めします。

世界中で使えるVisaプリペイドカード「MoneyT Global」

街での両替

カデカ(CADECA)と呼ばれる両替所がありますが、わかりにくい場所だったり、開いていないことも多いです。

空港で、必要な分を両替しておきましょう。

ちなみに、CUCから、CUPへの両替は、断られました。

観光地での支払い

入場料やツアーや外国人が利用する交通機関は、あらかじめCUC料金が設定されています。

25倍の高さとはいえ、キューバ人の身分証明をもっていなければ、その料金で支払います。

 

一般のお店やレストランでは

自国民向けのお店等では、そもそも外国人(東洋人)というだけで、拒否されることがあります。

CUC(クック)で、買えないのかと聞いても、ダメだと言われたこともありました。

逆に、「いいよ」と言ってくれるお店や、両方の通貨表示がされているレストランもあります。

ただし、CUCで払っても、おつりはペソだったりすることがあります。

ペソは、キープして、ペソ表示のお店で、使い切りましょう。

USドルとユーロ

ホテルや旅行会社などは、USドルやユーロを、受け取ってくれることがあります。

ただし、レートが悪いこともあるので、金額を確認して、納得できるなら、ということになります。

 

各地での通貨と支払い

ハバナ(La Habana)

旧市街等の観光地なら、CUC(クック)表示、CUC払いです。比較的、観光客に慣れています。

しかし、観光施設を離れると、CUP(ペソクーバノ・モネダ)表示になります。

東洋人(中国人だと思われる)は、結構、物を買うことさえ拒否されたりします。

ビニャーレス(Vinales)

ハバナからの観光客が多いため、レストランやツアーなどもCUC(クック)表示です。

keicya
keicya

ドリンクなど、メニューに載ってないものを頼む場合は、先に料金を確認しないと、ぼったくられる場合があるので、注意!

トリニダー(Trinidad)

マヨール広場周辺は、観光客向けのお店が多く、CUC(クック)表示です。

物価やお土産物料金も、普通(妥当)です。

中心部を少し外れると、CUP(ペソクーバノ)表示のケーキ屋さんやレストラン等もあり、CUCで払えば、CUPでおつりをくれます。

カマグエイ(Camaguey)

街の中心部では、CUC(クック)表示のみか、CUCとCUP(ペソ)両方の料金表か、張られていることが多かったです。

この町は、クックを推奨しているように思えました。

サンティアゴデクーバ(Santiago de Cuba)

カマグエイとは対照的に、CUP(ペソクーバノ)表示が多かったです。

ペソを持っていないと言うと、驚かれました。

ただし、申し出れば、CUC(クック)を受け取ってくれます。

小額のクックコインまたは紙幣をもっているとよいです。

バラデロ(Varadero)

リゾートホテルが多く、ホテル料金に、食事や飲み物代が含められているので、現金は、あまり使わないかもしれません。

ダウンタウンのカサ(民泊)に泊まる場合は、CUCの現金が必要です。

観光客用の物価(お土産物等)は、他の都市より高いです。



まとめ

キューバは二重通貨制です。

入場料やオプショナルツアー、外国人が利用する交通機関は、CUC(クック)払いになります。

keicya
keicya

ペソ表示なのに、誤ってクックで支払わない様に!

25倍です!!!

個人旅行などで、地元のレストランや商店で支払う場合は、CUP(ペソクーバノ)になります。

ただし、事前の両替むずかしいため、クックで支払えることを確認してから、入店しましょう。

表示やおつりの確認は、忘れずに!

スペイン語圏を旅するなら、知っておくと便利なスペイン語、単語編
スペイン語は、スペインと、ブラジルを除くほとんどの中南米とカリブ海の国々で、話されています。 これらの地域を旅行するなら、少しでも、スペイン語を知っておくと便利です。 あいさつなど、ベーシックな単語を紹介するので、ぜひ、覚えて役...
冬の乾燥対策 マカデミアナッツオイルで保湿とマッサージ
10月に入ると、空気が急速に乾燥して、お肌もカサカサしていきますね。 夏場は使わなかった、ハンドクリームを用意したり、化粧品も、保湿力の高いものに変えたり、乾燥対策をはじめる時期です。 お勧めは、マカデミアナッツオイルのような、...

コメント

タイトルとURLをコピーしました