キューバ ツーリストカード 個人申請の方法と宿泊先等での提示

キューバ旅行記

日本国民が、キューバに観光目的で入国するには、ツーリストカードが必要です。

滞在期間は、30日以内で、1回限りの入国ビザです。

以下、東京で、個人申請の体験記を記載します。(2019年5月)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ツーリストカード申請のための必須書類

 

キューバに観光目的で入国するためには、ツーリストカードの取得が必須です。

個人で東京のキューバ大使館領事部に申請する場合、以下の書類を用意します。

 

1、申請書(WEBページがらダウンロード・印刷して持参することが可能)

2、顔写真(5X5cm)

3、パスポートの原本

4、パスポートのコピー

5、手数料、2100円の振込明細票(現金は不可で、2日前までに振込む)

6、往復航空券の予約確認書のコピー

7、1日目の滞在先(ホテル)の予約確認書

 

キューバ大使館領事部のWEBページに詳細情報が載っています。

申請書類は、変更されることがあるので、ご確認ください。

 

領事部業務 (月曜日と木曜日:10:00〜12:00)
郵送での申請の場合 観光ビザ(ツ-リストカ-ド) ビジネスビザ 認証証明書類

 

ツーリストカードの申請手順

申請書類をそろえて、東京のキューバ大使館、領事部に行きます。

ツーリストカード発行の窓口があるので、領事部に置いてあるクリアファイルに書類を入れて、提出します。

書類に問題がなければ、印刷されたツーリストカードが発行されます。

 

keicya
keicya

私のときは、誰も待っていませんでしたが、旅行会社の代理申請などで、混むこともあるようです。

 

キューバ大使館に行けない場合は、郵送での申請も受け付けています。

出発までの日数に余裕をもって、申請しましょう。

キューバ大使館WEBページ

 

ツーリストカードの提示が求められる場面

 

 

日本出発から、帰国まで、幾度となく、ツーリストカードの提示が求められます。

帰国まで、大切に保管しましょう。

 

主な提示場所:

・・成田空港の出発カウンター(データが記録されると思われる。)

・・キューバ行きの飛行機に搭乗する空港(乗り継ぎカウンター)

・・キューバ入国審査時(カードの半券を返されるので、無くさないこと!)

・・ホテルやカサに滞在するとき(番号を控えられる。)

まとめ

日本からの短期観光で、キューバに入国する際は、ツーリストカード取得します。

キューバ入国審査の時に返される半券は、帰国まで、携帯しましょう。

ツーリストカードは、パスポートと同様に大切なものです。

出発前に、余裕をもって取得しましょう。

コメント