谷津干潟で自然観察 野鳥を見ながら一周散歩 3.5km

国内旅行

ソーシャルディスタンスを保って、余暇を楽しむには、屋外が一番。

谷津干潟で、野鳥を見ながら、一周、約3.5kmを散歩しました。

季節によって違いを見せる、湿地の風景や野鳥の様子。

定期的に足を運んで、自然を楽しみたいものです。

ファッション・スポーツ

谷津干潟とは

谷津干潟は、東京湾沿いの、約40ヘクタールの、ラムサール条約で登録された湿地です。

京成谷津駅から、直線距離なら、0.5kmほど。

谷津干潟は、高速道路や団地に囲まれていますが、ラムサール条約に登録されているので、保全されるエリアになっています。

 

 

環境省_ラムサール条約と条約湿地_ラムサール条約湿地とは
ラムサール条約と条約湿地について解説しています。条約の概要,湿地の定義、登録基準、国内の条約湿地の概要などを掲載しています。(環境省自然環境局野生生物課作成)

 

自然生態観察公園

谷津干潟は、「自然生態観察公園」として、周りに、約3.5kmの遊歩道が、設けられています。

干潟には、越冬などをする渡り鳥がやってくるため、野鳥を観察することができます。

夏場は、水量が少なく、野鳥もあまり見られませんが、秋から冬は、かなり水量も多くなり、色々な野鳥が羽を休めています。

スイーツ特集

 

谷津干潟自然観察センター

干潟の南東側には、「谷津干潟自然観察センター」があるので、センター内から野鳥を観察したり、展示物や図書を閲覧することが、可能です。

 

谷津干潟について|谷津干潟自然観察センター(谷津干潟公園センターゾーン)
谷津干潟自然観察センター(谷津干潟公園センターゾーン)は、国境を越えて旅をする水鳥たちが集まる豊かな自然を誰もが楽しめる憩いの場です。

 

散歩やジョギング

一周、約3.5kmの遊歩道は、散歩やジョギングにも最適です。

自然を楽しみながら、からだを動かしに来る、地元の人々も多くいます。

春夏秋冬で、水量や景色が違うので、四季折々の自然を、楽しむことができます。

ショッピングセンターの「ららぽーと東京Bay」が徒歩圏内なので、自然観察の後に、ショッピングや食事に、立ち寄ることもできます。

マスクと雑貨

 

 

まとめ

谷津干潟は、小さいながら、自然を満喫できる、貴重な場所です。

遊歩道を散歩しながら、湿地を眺めたり、野鳥を観察することができます。

日ごろの喧噪を忘れて、物思いにふけるのもよいでしょう。

 

ハロウィン|ROOM - 欲しい! に出会える。
お勧めハロウィングッズ
ファンシーラットに触ってみた 社交的で人懐っこいペットネズミ
「ファンシーラットを飼っている」という話を聞いたので、 それ何? と聞くと、 ペットとして飼われている「ネズミ」とのこと。 ネズミと言えば、何十年か前に、土間のある我が家に出現して、駆除したものと、実験用のハツカネズミしか...

コメント

タイトルとURLをコピーしました