ダヤンのタロットカード 気軽に占えるかわいい占いブック

コラム

十数年前に、偶然出会った「ダヤンのタロットカード」

今も、ちょっと迷ったときや、先が見えない不安があるときに、手に取って見ています。

本格的なタロット占いではないのかもしれませんが、ダヤンやわちふぃーるどの仲間たちの絵もかわいいくて、癒されます。

タロット占いをしたもらった

ずいぶん前のことですが、とある自然療法の先生に、タロット占いをやってもらいました。

ちょっと悩みがあったので、お試しでみてもらったのです。

その先生は、78枚のカードをシャッフルしてから、3枚と決めたら、3枚おきにカードをめくるというやり方でした。

すると、「剣のカード」というものが、次々に出てきました。

そのカードから読み取れるのは、「自分で自分を突き刺している」ということでした。

確かに、思い当たる節がありました。

占いからみる結論としては、自分を責め続けるのは止めた方よい、ということでした。

ダヤンのタロットカードに出会う

タロット占いのことは、その後忘れてしまい、何年かが、経ちました。

自分の将来のことで、方向性を悩んでいるときに、お店で見つけたのが「ダヤンのタロットカード」でした。

サンプル品があったので、1枚引いてみると、「死神 Death」というカードが出てきました。

炎をバックにした骸骨の絵がかいてあります。

 

骸骨は、ちょっとグロい感じですが、書いてあることは、

終結から再生。

「生き返ったあとは、まったく別の人生が展開されるかもしれません」というようなことでした。

「何かが終われば、また、未来が開ける」という意味があるようです。

 

わちふぃーるどの登場人物

結局、ダヤンのタロットカード・占いブックを買い求め、今もときどき、見ています。

カードは、「わちふぃーるど」の登場人物に、内容を当てはめて、文章をアレンジしています。

22枚なので、本格的に占う、というものではないのかもしれませんが、平易な文章で、物語風になっているので、読みやすいです。

著者は、占星術の鏡リュウジ先生「わちふぃーるど」の池田あきこ先生です。

 

 

まとめ

「ダヤンのタロットカード」は、わちふぃーるどの登場人物をモチーフにした、タロットカード。

占いを「信じる信じない」というより、ちょっと迷ったときに、カードを引いてみると、そこに、生きるヒントが書かれているかもしれません。

なんといっても、独特の絵がかわいいので、ダヤンと仲間たちが好きな人には、お勧めです。

 

 

秋の釧路湿原 バスツアーピカリ号で行く摩周湖・阿寒湖・硫黄山
夏から秋にかけての釧路は、気候もよく、観光に最適。 釧路湿原の散策や、摩周湖、阿寒湖の風景を楽しみましょう。 車のない人は、観光バスを上手に利用して、効率よく回りましょう。 rakuten_design="slide";r...

コメント

タイトルとURLをコピーしました