マイ「カメラ」ヒストリー フィルムからデジタルカメラへ

コラム

フィルムカメラを使っていたころ、よく「写真上手だよね」と言われました。

当時はファインダーのカメラだったので、構図が、ビシッと決まりました。

デジタルカメラは、フィルムを持ちあるかずに、大量の写真が撮れて便利ですが、ファインダーがないと、写真の出来がもう一つですね。

一眼レフなどは、重いのが難点。

自分のカメラの歴史は、30年以上です。

初めてのカメラ

初めてカメラを買ったのは、高校生のときでした。

入学祝いとして、大叔母にもらった1万円と、自分のお小遣いを足して買いました。

オリンパスのコンパクトカメラです。

当時のコンパクトカメラは、フィルムのものだったので、2万円弱だったと思います。

 

昔のカメラは、コンパクトでも、ファインダー付きで、機械式のものです。

買ったものは、厳密なピント合わせはなく、何段階かのモードがありました。

フイルムの入れ替えはありますが、故障は少なく、結構長く使えます。

気に入っていたので、十年以上は、使いました。

 

長年の使用後、最初のカメラは、ピントが微妙に狂いはじめ、フィルムを入れるカバーなども、劣化していきました。

一度修理に出したのですが、本体が古くなったせいで、ピントの調整が、悪くなった、とのことでした。

 

 

その後、リコーのコンパクトカメラに変えました。

フィルムカメラですが、フィルム挿入後のセットなどが、自動になります。

光学ズームがついていたので、景色や人物の構図が、決まりやすいです。

当時は、画期的でした。

ズームがついているだけで、ずいぶん、違うものだと感心しました。

 

デジタルカメラ

2000年ごろから、デジタルカメラが普及してきましたね。

デジタルのコンパクトカメラが、主流になりつつあった頃に、キャノンのデジタルカメラを買いました。

 

当時のコンパクトカメラは、ファインダー付きで、画像を確認するために、3~4cmの小さな窓がついていました。

ファインダーがあると、反射もなく、景色もきれいに撮れました。

今では、当たり前ですが、撮った写真を確認できるというのは、画期的でした。

 

海外でも使える充電式のカメラは、本当に重宝しました。

大量のフィルムを持ち歩かなくて済むし、現像代もいりません。

パソコンを持っていれば、写真を紙にする必要がないのです!

 

 

その愛用のデジタルカメラを、末永く使いたかったのですが、あるとき、Windowsのバージョンアップに対応できなくなり、残念ながら、使用できなくなりました。

当時は、Windowsのバージョンアップにより、が頻繁にあったので、Windowsに依存した取り込みを行っているカメラは、使えなくなるという次第です。

 

その後、もう一台キャノンのコンパクトカメラを購入しましたが、事故で、壊れてしまいました。

このカメラは、軽量でよかったのですが、ファインダーは、ありませんでした。

旅行の途中で、写真を撮ってあげると言われ、渡したのですが、その人が、落としてしまい、撮影のために出していたレンズ部分が曲がって、動かなくなりました。

メモリーは取り出せましたが、悲しかったです。

 

現在のカメラ

前回のコンパクトカメラが、落下の衝撃で壊れたため、今回は、衝撃に強いボディをもったカメラを選びました。

リコーの水中カメラ、WG-30です。

 

光学ズームとデジタルズームを備えていますが、レンズ部分は、固定されています。

もちろん、精密機械なので、衝撃で故障する可能性はありますが、結構しっかりした作りで、防水という点もよいです。

実際に水中で撮ることは、あまりないですが、雨の時やビーチなどでの使用にも、安心感があります。

 

USB接続で、カメラ側が、フォルダとして認識されるので、写真の取り込みに、Windowsのバージョンは関係なくなります。

丈夫さを重視しましたが、使い勝手もよいです。

今は、モデルがリニューアルされましたが、自分のモデルを長く使いたいものです。

できれば、ファインダーのついたカメラも手に入れたいです。

リコー WG-70

まとめ

自分のカメラの歴史を振り返ってみると、この30~40年は、本当に、テクノロジーが進歩したのだと感じます。

テクノロジーが、あまりなかった時代に、子供時代を過ごせたのは、案外よかったのかもしれません。

 

万能茶 おすすめノンカフェイン健康茶 16種のブレンド
温かい飲み物が飲みたい季節。 コーヒー、紅茶もよいけれど、カフェインの取りすぎは、禁物。 万能茶は、お勧めノンカフェインの健康茶です。 16種類以上の野草や穀物がブレンドされている、飲みやすいお茶です。 涼しくな...

コメント

タイトルとURLをコピーしました