映画「LAコンフィデンシャル」レビュー、お勧めサスペンス映画

映画/ドラマ

1997年のアメリカ映画。

1950年代のLAPD(ロスアンジェルス警察)をモデルにしたサスペンス映画ですが、今見ても全く衰えなくおもしろい。

殺人事件をきっかけに、汚職事件の真相が明らかになっていきます。

当時の警察の雰囲気と個性的な刑事たち、複線の人間模様と絡めながら、テンポよくラストに行きます。

あらすじ

警察署内での暴力事件をきっかけに、バド・ホワイト刑事の「相棒」は、警察を追われてしまいます。

その相棒が、ナイトアウルというカフェで、殺害されます。

当初、金銭目的の強盗とされた事件は、黒人少年たちの仕業とされます。

しかし、バド刑事と、新任のエド・エクスリー刑事は、異なる視点で、この事件に真犯人がいると見抜きます。

別の事件を捜査していた、ジャック・ヴィンセンス刑事は、エド刑事に協力して、捜査を手伝おうとしますが、真犯人に気づかれてしまいます。

インディーズ映画観放題!DOKUSO映画館

キャストの設定

バドホワイト刑事(ラッセル・クロウ)

粗野で無学なバド刑事は、有能という評価を受けていますが、けんか早く、つかみどころがない人です。

幼いころに、母親を殺されたことから、心に傷を負い、屈折した正義をもっています。

エドエクスリー警部補(ガイ・ピアース)

エリートで、出世志向のエド刑事は、所内の暴力事件を明るみにすることで、同僚に嫌われます。

その後、ナイトアウル事件の犯人とされた少年たちを、射殺することで、警部補に昇進します。

しかし、彼の父親を殺害した犯人は、未だ、つかまっておらず、正義を行うために、警察に入ったことが明かされます。

ジャック・ヴィンセンス刑事(ケヴィン・スペイシー)

ジャック刑事は、警察ドラマのアドバイザーとして活躍する傍ら、ゴシップ記事の記者に情報をもらして賄賂をもらったり、表と裏の顔があります。

狡猾ですが、自分の知っている人間が殺されたことをきっかけに、事件の真相を暴く手伝いをします。

U-NEXT

 

映画の見どころ

映画の見どころは、ひとつの事件が他の事件と絡みあい、登場人物が次第につながっていくところです。

影の支配者は誰なのか、殺人事件に隠された汚職事件は何だったのか、3人の刑事が、それぞれのやり方で、突き止めていきます。

記者のシド(ダニー・デヴィート)と、高級娼婦のリン(キム・ベイシンガー)との話を絡めながら、息をつけない感じで、ストーリーは進んでいきます。

【無料キャンペーン中】DVD&CDレンタルならDMMがお得!

まとめ

何度か見ても飽きない、よくできた映画でした。

残虐な場面が多少あるので、血を見るのが嫌いな人には、お勧めしません。

名優たちの演技も楽しめる、大人にお勧めのサスペンス映画です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました