映画「ムヒカ」あらすじとレビュー 世界でいちばん貧しいのは?

映画/ドラマ

映画「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」を観てきました。

国連持続可能な開発会議でのスピーチで有名になった、ウルグアイの元大統領、ホセ・ムヒカのドキュメンタリー映画です。

スピーチは、日本語の絵本でも紹介されています。

あらすじ

この映画の監督、田部井さんは、2015年に、日本のテレビ番組の取材として、ウルグアイの大統領、ホセ・ムヒカを突撃インタビューをします。

ムヒカは、2012年、「国連持続可能な開発会議」でのスピーチで、一躍注目され、日本では「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」という絵本で、紹介されました。

 

田部井さんは、最初のインタビューでは、ムヒカのことをよく知らなかったようです。

取材を重ねるうちに、父を亡くした貧しい農家の子供だったムヒカが、反政府ゲリラとして活動し、投獄され、大統領になるまでのことを知るようになります。

同時に、ムヒカは、幼いころ近所に住んでいた、日本人移民に花の栽培を教わり、日本の文化にも造詣が深いことがわかります。

 

インタビューを重ね、2016年には、来日も果たすことができました。

東京や広島を訪問したムヒカが、日本の若者に向けた講演も、映像に収められています。

 

ムヒカの発言は、時に、誤解を生むこともありますが、本映画では、ムヒカの経歴、生活スタイル、発言、周囲の人々のインタビューから、彼の考え・思想が語られています。

また、大多数の平均的な人々と同じ生活をする、ということを信条としているムヒカは、大統領時代も官邸には住まず、農場で質素な生活を送っていました。

 

ムヒカの言葉

この作品で印象に残るのは、やはり、ムヒカの言葉です。

人は、発展するために生まれてきたのではない、幸せになるために生まれてきた。

人生で一番大事なことは、転んでも立ち上がり、再び、歩むことだ。

彼の名言は、他にも沢山あります。

ムヒカ語録(映画のWEBページ)

 

ムヒカは、12年にもわたる辛い獄中生活の中で、自分と向き合いました。

やがて、軍事独裁政権に終止符が打たれ、出所した彼は、議員となり、改革をしていきます。

貧困層を助ける政策を実行し、ウルグアイは、経済成長を遂げましたが、もちろん、彼の政策をよしとしない、国民もいます。

政策には、賛否両論ありますが、ムヒカの言動には、突き詰めて考えた末の、彼の信念が表れています。

 

彼の発言は、以下のような問題を提議します。

物質的なものだけを求め、心の豊かさを失った今の社会。

物を買うために、身を粉にして働くけれど、家族や友人と過ごす時間もない。

発展することだけが大切になり、何が幸せなのか忘れてしまう。

欧米化に飲み込まれてしまった、日本のような国の問題。

 

 

 

ムヒカは、考えをストレートに言葉にし、それを聞いた人々に、

人の意見に耳を傾けつつも、自分の力で考えてほしい、と訴えます。

議員である夫人も投獄されていたため、結婚したときは、子供を持てる年齢ではありませんでした。

ムヒカ夫妻は、自分の子供を持てませんでしたが、子供たちを助けたいと思って活動しています。

 

来日の際、広島の原爆記念館訪問し、ショックを受けた表情をしていました。

起きてしまった悲劇を受け止め、他者を思いやる気持ちが、彼らの活動の源になっているように思えます。

 

まとめ

この映画では、ムヒカの壮絶な人生が語られています。

訪日のときのエピソードや、日本人との関係性など、独自の取材もされています。

しかし、一番聞いてほしいのは、ムヒカ自身の言葉です。

こころに刺さる彼の言葉を聞いて、自分と向きあい、人生の歩みに役立てたいです。

 

映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』公式サイト
10月2日(金)シネスイッチ銀座ほか全国順次公開!|ムヒカ大統領が日本にやってきた!彼が私たちに伝えたかった、その思いとは?
沖縄旅行、首里城の思い出、渡嘉敷、美ら海水族館、万座毛
首里城が火災で全焼してから、1年が経ちました。 首里城を見られないのは、残念ですが、沖縄には、観光名所が沢山あります。 沖縄旅行のお勧めスポットを紹介します。 沖縄旅行と首里城 10年以上前に、沖縄旅行に行きました。 ...
スポンサーリンク
映画/ドラマ
keicyaをフォローする
keicyablog

コメント