コロナ「黙食」と「ひとり外食」ご褒美があれば会話も我慢?

コラム

「黙食にご協力ください」の記事をを読みました。

飲食店での飲食中は、「会話せずに黙って食べる」というお店からのお願いです。

新型コロナ感染拡大の今、「黙食」と「ひとり外食」について考えてみました。

 

スポンサーリンク

「黙食にご協力ください」とは

「黙食にご協力ください」の記事をを読みました。

福岡市のカレー屋さんからの呼びかけで、「食事中は、会話をせずに食べる」いうことです。

「黙食」、文字通り「黙って食べる」ということです。

 

「黙食」を呼びかけているカレー屋さんでは、外食は、ただ食べるだけではなく、おしゃべりを含めたサービスの空間であることを認識しています。

しかし、コロナ禍で、お客さんと従業員の安全を守り、食事をしてもらうために、この言葉を掲げたそうです。

ツイッターで拡散され、テレビなどでも、報道されています。

 

外食に限らず、誰かと食事をするのに、「無言」というのは、かなり気まずいです。

人と食事をすれば、何らかの言葉を発するものです。

しかし、感染を予防するために、あえて、「黙食」という、強いメッセージを発しました。

 

食事は楽しみたいもの、でも、本当に必要な会話は、どれくらいあるのでしょうか。

「どれ頼む?」とか「おいしい」とかは、どうしても言わなければならない言葉ではありません。

おいしく食事をいただいて、後で、マスクをして、会話することもできるのです。

 

もし、自分がひとりで食事をしていたら、他人が大声で話しているのは気になります。

すべての人が話さなければ、安心してお店に入れます。

それを考えると、よい提案ですし、勇気ある呼びかけだと思います。

 

 

「ひとり外食」にサービスや割引を

コロナ禍の「ひとり外食」についても、考えてみました。

ひとりで外食する人は、案外、多いです。

「黙食」は、お店からのお願いですが、そもそもひとり外食なら、会話はありません。

マスクをしたまま注文して、食べて帰れば、人と接触することは、ほとんどないです。

 

ひとりで食べている人は、純粋に食べたいから、お店に来ています。

コロナの感染に気を配っていて、他人の行動には、敏感な人も多いです。

 

また、感染は心配だけど、飲食店を応援したい、という人もいます。

おひとり様に割引やサービスをつければ、ひとりで外食する人が増えるかもしれません。

元々、ひとりの場合は長居しないので、回転率が上がると思います。

おひとり様向けに、サービスや割引をしても、沢山の来店があれば、元が取れると思います。

 

 

ご褒美があれば会話も我慢

 

会話をしないグループには、料理を1品サービスするレストランも、出始めました。

マスクしたままで注文した後は、接触しないで、乾杯。

食事が運ばれてきたら、「目」や「表情」で会話。

やり通せば、サービス料理の「1品」が、運ばれてきます。

ご褒美があれば、会話も我慢できるものです。

 

LINE好きなグループならば、「黙食」しながら、「LINEで会話」というのもよいのではないでしょうか。

気まずい雰囲気にならずに、コミュニケーションする方法もあります。

 

まとめ

新型コロナの感染が止まりません。

お店の工夫と、お客さんの心がけで、会話を減らして、感染を予防できます。

 

外食する際は、気まずい思いなく、「黙食」など、ルールを守る形で食事を楽しみたいものです。

会話をしないグループや、おひとり様に、サービスや割引などのご褒美があれば、協力してくれる人達が増えると思います。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク