橈骨遠位端骨折日記② ギプスからシーネへ、回復遅れと不自由な日々

生活

橈骨遠位端を骨折しました。

経過が悪く、骨がつながるかどうかわからない状態で、不安な日々を送っていました。

本記事では、シーネ固定から、リハビリを始めるまでの、経過を書いています。

 

国内での通院の経過

橈骨遠位端骨折日記① 骨がつかない?左手首をギプスで再固定

 

ギプスを外す

海外旅行中に、左手首を骨折してから、4週間。

帰国してから、肘までしっかり、ギプスを巻いてから、2週間後に、一度、ギプスをはずしました。

はずすと言っても、ギプスにしるしをつけてから、専用の電動のこぎりで、切り取るということです。

この電動のこぎりは、絶対に下の皮膚を傷つけないそうですが、すごい音がするので、怖くてしかたありませんでした。

 

ギプス

 

おろおろしながら、切り取られるのを待って、左腕とご対面!

なんと、「ぷよぷよのなんだかよくわからないもの」が出てきました。

皮膚は腫れている感じで、血管は見えなくなり、やや膨張しているようにみえます。

レントゲンを待つ間も、悲しくなってしまいました。

本当に元にもどるのか、不安です。

しかも、固定するものがないと、痛いし。

 

肝心の橈骨は、少しづつ、つながってきているとのことでした。

レントゲン写真を見ても、素人なので、色の変化とか、あまりよくわからず、前よりよくなったと言われれば、それを信じるよりほかないです。

マスク&雑貨

シーネを巻く

診察の後、半分に切ったギプスで作った、シーネを巻いてもらいました。

肘下から、手首までのものです。

肘が動かせるのが、ギプスより、幾分、楽です。

シーネは、添え木のようなものなので、その上から、包帯をグルグル巻きます

 

「取っちゃダメ」と言われたので、1週間、これをつけて、また、次回、通院することになりました。

ギプスの内側が、だいぶ汚れていたようなので、変えてもらえたのはうれしかったのですが、まだ、手を洗えないのが残念でした

6月だからまだよいものの、真夏だったら、相当臭くなるのだろうな~、と思ったものです。

 

回復は遅く

シーネも、かなりしっかり巻かれているので、左腕を上げることと、指先を動かすことは、続けました。

ただし、レントゲンを見る限り、前よりは、多少良くなっているとはいえ、かなり回復が遅いようです。

「左手は使わない様に」という注意も受けたので、指でものを持ったりは、しないように気をつけました。

やれやれ、先は長いようです。

運動不足もMAXです。

三角巾をして、散歩にはでかけますが、出かけられない生活は、結構辛いです。

 

指の変形の危険性

シーネをはずして、また、レントゲンを撮りました。

骨は、まだ、完全にくっついてはいませんが、あまり長く固定していると、指の変形が起こる可能性があるとのことで、昼間は、シーネをはずすことになりました。

今度は、指の変形の危険性? またまた、不安で頭が大混乱してしまいました。

 

ナントカ症とかいうのですが、見せられた、指先が変形した写真だけが印象に残って、症状や理由については、よくわかりませんでした。

指先は動かしていたので、大丈夫だと思っていたのに、何で?、といった思いです。

でも、今の段階で、最悪の可能性を見つけてもらったので、予防をせねばなりません。

昼間はシーネをとる

寝るときだけ、シーネを巻いて、昼間は取って、動かす練習をし始めました。

やっと洗える!

喜びもつかの間、ちょっと動かすと痛いし、尋常なく汚れている!

お湯で、洗いましたが、皮膚も弱っているので、ゴシゴシ洗うことはできず、やさ~しく洗います。

と言っても、すごい量の垢が出てくるので、時間もかかります。

 

固定していたときは、痛みはあまり感じませんでしたが、シーネを取ると痛い!

取り合えず、手首を前後に動かす動きだけをやり、ひねる動きをせずに、なるべく大きく動かせるように、ということでした。

1週間後から、病院での、リハビリ開始です。

このときは、その後のリハビリが、大変だとは、想像していませんでした。

 

骨折日記② まとめ

左手首骨折後、順調に回復したとは言えず、トータル1か月半が、過ぎました。

ギプス等での、固定生活の後、左手首の橈骨が完全に固まっていない状態で、リハビリを開始することになりました。

それにしても、左手が使えないのは、大変、不自由です。

 

このブログのつづき

橈骨遠位端骨折日記③ 左手首のリハビリ 開始から1ヶ月とは
左手首の橈骨遠位端骨折から、約1ヶ月半後、リハビリを開始しました。 骨は、完全につながってはいませんでしたが、リハビリ開始が遅れると、さらに握力や筋力が落ちます。 指の変形にも不安もありました。 病院でのリハビリと共に、自...

 

過去の経過

海外旅行中の怪我、キューバでの不十分な骨折治療と恐怖体験
キューバ旅行中に、左手首を骨折しました。 カマグエイで、怪我をし、サンティアゴ・デ・キューバで、治療を受けるまでの丸一日の体験談です。 この時は、帰国後、この怪我が、もっと大変なことになるとは、予想もしていませんでした。 カマ...
橈骨遠位端骨折日記① 骨がつかない?左手首をギプスで再固定
海外旅行中に、左手首を骨折しました。 2週間は、ギプスが外せないので、帰国後5日目に、日本の整形外科を受診すると、予想外の問題が発覚! 現地の病院で、大した骨折ではない、と言われたので、ショックでした。 怪我の経緯...

 

キューバの世界遺産、古都トリニダーとロスインヘニオス渓谷を観光
キューバの首都ハバナ(La Habana)から、車で4時間、世界遺産トリニダー(Trinidad)を満喫しましょう。 昼間は、市内観光や近郊へのツアー、夜は、音楽ライブで盛り上がります。 トリニダー(Trinidad)への行き方 ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました