橈骨遠位端骨折日記① 骨がつかない?左手首をギプスで再固定

生活/日記

海外旅行中に、左手首を骨折しました。

2週間は、ギプスが外せないので、帰国後5日目に、日本の整形外科を受診すると、予想外の問題が発覚!

現地の病院で、大した骨折ではない、と言われたので、ショックでした。

 

怪我の経緯はこちら「海外旅行中の怪我、キューバでの不十分な骨折治療」

橈骨遠位端骨折

海外旅行中に左手首を骨折し、すでにギプスを巻かれて、2週間経っていました。

整形外科に行くと、簡単に問診をして、キューバで巻かれた、石膏のギプスを外して、レントゲンを撮りました。

内出血した左腕は、見るも無残に、黒ずんでいました。

 

整形外科では、こんなギプスあるんだな~、という感じで驚かれ、且つ、なかなか外せず、難儀していました。

レントゲンは、上、横、斜めから、3枚、撮ります。

手首周辺のの骨は、複雑なので、斜めの写真がないと、ビビやズレを見逃しやすいらしです。

 

先生に、写真を見せられ、左橈骨が折れていると告げられました。

橈骨は、親指に下あたりにある大きな骨で、結構、折れやすいそうです。

その後の調べで、正式名称は橈骨遠位端骨折」ということがわかりました。

骨がつかない?

問題は、折れた骨が、上下にずれているということです。

手をパーにした写真では、橈骨が、きれいにつながっているようにみえます。

しかし、先生は、明らかに焦って「つかないかもしれない」と言っています。

 

「つかないかもしれない」と言われても、何を言われているのか、さっぱりわかりませんでした。

「つかない」というのは、折れた骨がギプス固定では、くっつかないかもしれない、ということでした。

 

ギプス固定によって折れた骨同士が、自然につながらないと、偽関節になるそうです。

そうなると、手術で、腰の骨をもってきて、あらためて固定することになります。

 

しかし、骨折から、1週間くらいなら、プレートを入れて固定する手術に変えることができますが、もう2週間なので、仮骨ができ始めていて、プレートの手術はできません。

多少ズレていても、今の骨がつながって、硬くなるのを待つしかありません。

数週間後に、折れた骨が正常につながらず、偽関節になったら、移植手術をするとのことです。

 

後悔先に立たず

「たいした骨折ではない」と「2週間待て」の言葉を信じていたので、ショックでした。

どちらにしても、帰国後すぐに、日本のお医者さんに見せるべきでした。

「もっと早く行けばよかった」と思っても仕方ないのですが、かなり、パニック状態です。

 

先生は、ちょっと考えて、すぐに手術できないということも鑑みて、手首から肘まで、しっかりギプスを巻きました。

腫れも引いていたので、しっかり再固定、ということです。

日本のギプスは、外国のものより軽いし、隙間もできないし、かぶれにくいし、良質でした。

海外で巻かれたものは、石膏で重く、中のナイロンのような生地のせいで、かぶれ気味でした。

かぶれを防止するため、包帯を緩めてもらったせいで、骨がズレたのか、元々、整復に失敗していたのか、わかりません。

 

過去数日間を、悔やんでも悔やみ切れない思いでした。

過去にさかのぼって、何かを直すことはできないのだけど、どうしても考えてしまいます。

怪我などをすると、実際の治療や回復よりも、精神的なストレスが多いように思います。

その後の2週間

レントゲンは、週に1回ということなので、1週間後に、2回目の診察です。

(1週間経たずにレントゲンを撮っても、変化はないということらしいです。)

 

左手は、肘まで固定されているので、外を歩くときは、三角巾でつっていました。

お風呂に入るときは、大きなビニール袋をかぶせて、ゴムで閉じます。

水がギプス内に入ると、湿ってしまうので、絶対に、水をいれないように注意します。

左手上げながら、右手で髪を洗うのは、大変です。

 

 

利き手が使えても、左手のホールドがないと何もできないことが多く、不自由で、ストレスが溜まります。

簡単なことをするのに時間がかかり、そこら中に、色々なものをこぼしても、見て見ぬふりをしないとやっていけません。

 

しかも、1時間に1回くらいは、左手を上げて、血液を心臓に戻し、いつも指を動かして、指先が固まらないようにします。

日本のギプスは、軽いといっても、肘まで巻くと、そこそこに重量があります。

自由も利かず、つらい日々でした。

 

白くならない骨

次の診察では、ギプスはそのままで、レントゲンを撮りました。

子供だと、折れたところが、さぁーと白く写って、固まっていくのがわかるそうですが、こちらは若くもないためか、なかなか白くならず、本当に骨がつながるのか心配でした

骨がつかずに、手術するとなると、また、最初からやり直しだし、気が重いです。

 

 

ちなみに、骨折から、2週間以内なら、プレートを入れる手術をすることができます。

ギプス固定だと、リハビリが大変なので、腫れが引いた頃、折れた骨をプレートで留め、固定をする手術をします。

この手術をすると、ギプスなしで、日常生活を送れ、骨がつくのを待つことができます。

プレート手術の方が、生活に支障をきたさなかったり、仕事復帰が、早かったりします。

手を使う仕事をされている方は、後々、回復が早いかもしれません。

 

私の場合は、たぶん、そもそもの治療が悪かったのと、治療の選択ができる期間が、過ぎてしまったので、選択の余地は、ありませんでした。

最初にきちんと整復されていて、ギプス固定がなされていれば、回復も早かったと思われます。

骨折日記① まとめ

海外旅行中の怪我が、思っていたよりずっと悪い状況になりました。

折れた骨がつながるのか心配しつつ、ギプスでがっちり再固定された左腕を、見つめる日々でした。

このブログのつづき

橈骨遠位端骨折日記② ギプスからシーネへ、回復遅れと不自由な日々
橈骨遠位端を骨折しました。 経過が悪く、骨がつながるかどうかわからない状態で、不安な日々を送っていました。 本記事では、シーネ固定から、リハビリを始めるまでの、経過を書いています。 国内での通院の経過 橈骨遠位端...
橈骨遠位端骨折日記③ 左手首のリハビリ 開始から1ヶ月とは
左手首の橈骨遠位端骨折から、約1ヶ月半後、リハビリを開始しました。 骨は、完全につながってはいませんでしたが、リハビリ開始が遅れると、さらに握力や筋力が落ちます。 指の変形にも不安もありました。 病院でのリハビリと共に、自...

 

怪我の理由

海外旅行中の怪我、キューバでの不十分な骨折治療と恐怖体験
キューバ旅行中に、左手首を骨折しました。 カマグエイで、怪我をし、サンティアゴ・デ・キューバで、治療を受けるまでの丸一日の体験談です。 この時は、帰国後、この怪我が、もっと大変なことになるとは、予想もしていませんでした。 カマ...

 

キューバの首都、コロニアルタウン、ハバナの旧市街の観光情報
メキシコ湾に面した、キューバの首都ハバナは、ビルの立ち並ぶ新市街と、コロニアルの街並みを残す、旧市街に分かれています。 キューバを訪れたら、ユネスコの世界遺産にも登録された、旧市街(La Habana Vieja)をのんびり散策して、...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました