新型コロナの第二波のピークは過ぎたのか、猛暑でも感染は続いた

コラム

新型コロナ感染の、第二波のピークは、7月末頃だというニュースが、報じられています。

東京では、1日、100~200人くらいの、新規感染者数ですね。

ニュースで見た、医師の見解では、ピークは過ぎても油断は禁物とのことでした。

 

在庫が豊富ですぐ手に入るフェイスシールド!

そもそも日本は感染国だった

ダイヤモンドプリンセス号で、新型コロナの感染者が出たのは、日本の冬でした。

2月頃は、世界中で、こんなにもコロナが流行ることは、考えてもみませんでした。

後で聞いた話ですが、外国のニュースでは、日本は「感染国」と報じられていたようですね。

実際には、感染者数は、それほどでもなく、3月の休校や自粛で、人の動きを制限して、爆発的な感染の増え方は、しませんでした。

 

コロナ予防、真夏でもマスクはエチケット、接触冷感マスクを使う
緊急事態宣言の自粛期間中に作った、手作りマスクが古くなってきたので、立体型の布製マスクを買ってみました。 最近は、素材も形も様々なマスクがありますよね。 猛暑のため、ひんやりせずとも、夏向きマスクは、ありがたいです。 ...

 

諸外国での感染爆発

イタリア

まず、自分がびっくりしたのは、イタリアでの感染爆発です。

お年寄りを中心に、次々に、人が亡くなっていることに、心が痛みました。

イタリア人の知り合いがいたので、感染しやすい理由は、わかります。

あいさつに、ハグしたり、ほっぺにチュッと、キスする文化があるので、急に、それを止めろというのは、無理です。

 

イタリア人の友人は、「こんなときでも、今が、一番いいとき」と書いていました。

納得は、できなかったけど、そういう考え方にも、一理あります。

 

新型コロナウイルス感染 世界マップ
新型コロナウイルスの感染者は世界で累計で2740万人を超えた。死者は89万人を上回る。インドネシアは感染者が20万人、死者が8000人に達した。世界地図で感染状況を見る。

 

アメリカ

アメリカの広がり方は、驚きを、禁じ得ないものでした。

国土も広く、ニューヨークなどを除いては、密集しないような気がしていたからです。

ニューヨークの感染爆発と医療崩壊、死者数を見て、日本もこうなるのだと、確信していました。

そうならなかったのは、人種や、地域的な免疫とか、そういうものもあったのでしょうか?

今後、研究されていくことと思います。



ブラジル

ブラジルの感染増加も、目を見張るものが、ありました。

行動制限反対の大統領もいて、なんか、末端の人たちのことを考えていないなと、思いました。

十数年前に、サンパウロやリオデジャネイロに、行ったことがあります。

国土は、広いけれど、スラムのようなところもあるし、衛生面も心配です。

感染者が減ることを祈ります。

 

外務省 海外安全ホームページ
海外に渡航・滞在される方々が自分自身で安全を確保していただくための参考情報を公開しております。

 

インド

インドは、急激に感染者数が、増えましたね。

コロナウイルスは、暑さの中でも、猛威を振るうことを証明しました。

人口13億人で、密集を避けられない国なので、広がるのは、あっという間でした。

恐ろしいです。

 

「冷感マスク」大手量販店でもご好評!20万個突破!

 

 

収束は期待できるのか?

世界の国々と比較すると、日本は、まだ、感染爆発では、ないと思います。

夏の間も、マスク着用しつつ、日常が、少しづつ戻っているようです。

手洗いや消毒も、習慣化されています。

第二波が落ち着いても、感染者数が、収束するほどに、減ることはないという見解がありますが、秋の間は、このペースが続くかもしれません。

 

日用品・雑貨など|ROOM - 欲しい! に出会える。

 

冬の寒さと乾燥が心配

心配しているのは、寒い冬と冬の乾燥です。

緊急事態宣言が出たころは、春だったので、本格的な寒さや乾燥は、ありませんでした。

今度の冬は、感染爆発があるのではないかと、素人ながら、心配です。

 

メガネ付きフェイスシールド

まとめ

新型コロナ、第二波の感染のピークは、過ぎたようですが、まだまだ、油断は禁物!

冬に第三波が来る恐れもあるので、日々気をつけながら、準備も怠らない様にしましょう。

 


ネパール個人旅行、インフラ整備の重要性と末端労働者の苦悩
ネパールには、海外旅行者が訪問したい、世界遺産が多くあります。 ヒマラヤ登山の玄関口にもなっているため、世界各国からの登山愛好家が訪れます。 観光により、多額のお金が落ちているように思えますが、末端の人々の暮らしは、あまりよくな...

コメント

タイトルとURLをコピーしました